安くておいしいズワイガニ

安くておいしいズワイガニ

 

日本の3大かにの1つ、「ズワイガニ」。

 

ズワイガニは、実は日本の近海でほぼ1年中取れるかにだってこと、ご存知でしたか?
と言うと、一見年がら年中取れるかになら、いっぱいいるんじゃないか?と思いますよね?

 

もちろん、各地で漁獲制限がありのですが、そのことを考慮しても,
ズワイガニも、近年は他の希少なかに同様に、漁獲高が減っているんです。

 

ちなみにズワイガニは、取れた地方によって、
呼び名が違うのも特長です。

 

例えば、山陰・丹後地方の港に水揚げされた「ズワイガニ」は、「松葉蟹」。
さらにズワイガニの雌の山陰地方での呼び名は「セコガニ」。

 

松葉蟹の漁ができる期間は、
だいたい11月から3月ぐらいまでとなっているようです。
紅ズワイガニは、春と秋。

 

つまり、「ズワイガニ」という総称で考えると、
いつでも旬なカニが食べられるということでもあります。

 

 

これらのカニは、カニにタグを付けることで分かるようになっています。
タグを見ることで、漁港、かに漁船名が記載されていて
その地方ごとの特産ブランドとして、アピールされています。

 

日本海で収穫できる蟹の種類はズワイガニ、松葉蟹、セコガニ、紅ズワイガニあたりが有名な名称なのでは?と
個人的には思っています。

 

しかし、実は「紅ズワイガニ」はちょっと風味が違う感じで、
身の肉や味はズワイガニそのものですが、
やや水分が多く甘味が強い感じがします。
また甲羅が、少しオレンジ掛かっているのも特長です。

 

関連ページ

安くておいしいタラバガニ
タラバガニと言えば、北海道のイメージがあると思うんですけど・・・半分正解といった感じでしょうか? 実は、ロシアで取ったものを、北海道まで運んで売っていることも多いようです。
安くておいしい毛ガニはご近所で?
安くて美味しいカニ
希少で美味しい「花咲ガニ」
希少で美味しいかにの代表格と言えるのが、このページで紹介する「花咲がに」です。近年は獲れなくなっているせいなのか、即日完売なお店が増えてきてなかなか食べられないですが・・・。